タカハラ整形外科クリニック

日曜日診療も行っています

タカハラ整形外科クリニック092-671-0008

タカハラ整形外科クリニック090-6638-8060(リハビリの予約・お問い合わせはこちら)

スタッフコラム

2024.1.5vol.105ストレッチ~間違ったストレッチは腰痛悪化に繋がる~

タカハラ整形外科クリニック ストレッチ~間違ったストレッチは腰痛悪化に繋がる~

寒くなると、筋肉や関節の柔軟性が低下し、痛みを感じやすくなることがあります。そのため、適切なストレッチによる体のケアが重要です。
しかし、間違った方法で行うと、本来は腰痛を予防するためのストレッチが腰痛を悪化させる原因となる可能性があるため、正しいフォームや適切なストレッチ方法を知ることが重要です。

腰痛を悪化させる一例として、骨盤の前・後傾運動を伴わないストレッチが挙げられます。腰痛予防では腸腰筋・大殿筋・ハムストリングなどの股関節周囲筋のストレッチが良いとされています。しかし、ストレッチ時に骨盤の前傾が伴わない場合、股関節に隣接している腰椎で可動域を補うため、椎間板や筋の負担が大きくなり、逆に腰痛を引き起こす原因となります。また、下記のような代償動作や疾患のある方は注意が必要です。

腰痛悪化する要因

  • 骨盤の前・後傾を伴わないストレッチ
  • 過度な伸張による胸腰椎の代償動作を伴うストレッチ
  • 自腰椎椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、すべり症等の腰椎疾患による急性期の腰痛

また、腰痛の原因として、体幹の深層にある姿勢維持に働く腹横筋・多裂筋の弱化が賦活化が考えられるため、姿勢や動作を評価し収縮を促す運動を行うことが大切で、正しい方法でストレッチをおこない体のケアをすると、快適な冬を過ごすことができるでしょう。

理学療法士が行うこと

  • 動作評価
  • 姿勢評価
  • ホームエクササイズの指導(セルフケアの指導)

タカハラ整形外科クリニックでは、医師の診断および指示のもとに腰痛を緩和させる運動療法・不良姿勢に対する姿勢指導を理学療法士が実施しています。腰痛のある方は勿論、姿勢やセルフケアなどにご興味がある方は、お気軽に当院スタッフへご相談ください。