タカハラ整形外科クリニック

日曜日診療も行っています

タカハラ整形外科クリニック092-671-0008

タカハラ整形外科クリニック080-3981-8060(リハビリの予約・お問い合わせはこちら)

スタッフコラム

2015.12.07vol.10肩関節の痛みの対処法

肩関節の痛みは関節の中では膝についで頻度が高いといわれ、20代までは投球肩などのスポーツ障害や外傷、50代では五十肩、60代以上になると腱板断裂が中心となってきます。

皆さんがよく耳にするいわゆる五十肩とは、はっきりした損傷がなく、肩関節周囲組織が加齢に伴い変性を生じ、そのために起こった炎症とされています。

対象者
  • 肩の痛み・運動制限のある方
  • マッサージを行っても改善がみられない方
症 状
  • 運動痛
    動かす時に痛みがありますが、あまり動かさないでいると肩の動きが悪くなることがあります。髪を結ぶ、後ろポケットの物をとれない、服を着替えることが不自由になることがあります。
  • 夜間痛
    寝返りや肢位によってズキズキ痛み、夜眠れないことがあります。

五十肩は、多くの場合、痛みが始まってからほうっておいても1~2年もすれば徐々に治るといわれています。
しかし、そのままにしておくのは決していいことではありません。自然治癒したようにみえても、実は痛みがでない範囲だけで肩を使っているだけで痛みは治まっても関節が動く範囲が制限されたままかもしれません。

当クリニックでは、筋膜のねじれを元に戻し、関節や筋肉を動かしやすくする方法を指導します。
また、痛みの強い急性期だけでなく、五十肩の既往があり今でも左右で肩の挙がり方が違う・背中に手を回しづらい方などに対して、運動指導や生活指導も行っています。
自宅・職場で簡単にできるエクササイズや日常生活での工夫の仕方なども指導していますので、お困りの方は気軽にご相談下さい。