タカハラ整形外科クリニック

日曜日診療も行っています

タカハラ整形外科クリニック092-671-0008

タカハラ整形外科クリニック080-3981-8060(リハビリの予約・お問い合わせはこちら)

スタッフコラム

2015.09.01vol.7足関節捻挫の再発予防

足首の捻挫を“日常生活でもよくあることだから”と治療せずに放置し、スポーツを続けている方はいませんか?足関節捻挫はレクレーションレベルからトップレベルまで様々なスポーツシーンにおいて最も多いケガの一つです。しかし、医療機関を受診せず、自己判断でプレーを再開している方、捻挫を繰り返している方も少なくないと思います。不十分な治療のみでプレーを再開してしまうと、捻挫の程度によってはパフォーマンスの低下だけでなく身体バランスを崩し、捻挫を繰り返したり、腰痛・膝痛など他の症状を併発することもあります。

当院では、捻挫の急性期だけでなく、捻挫後も痛みや腫れがひかない、現在は痛みはないが捻挫が“クセ”になっている方に対しても痛みや腫れを軽減させる方法や効果的なリハビリテーションの指導を行っています。以下にスポーツ復帰までのリハビリテーションの流れを簡単に説明します。

スポーツ復帰までのリハビリテーション

(1)痛みの緩和

受傷直後の時期では痛みの緩和・腫れの軽減を目的とした処置が必要になります。
炎症を軽減させるためにRICE(Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上)処置を行います。

(2)柔軟性・筋力の回復

痛みや腫れが軽減してきたら徐々に関節の柔軟性を高めるためのストレッチ、足関節周囲の筋力トレーニングを開始していきます。ここでの注意事項として、どれも痛みの出ない範囲で行うことです。痛みのある状態で行うと、間違った動作を身体が覚えてしまって悪いクセが残ってしまう恐れがあります。

(3)再発予防

最後にバランス感覚を養うトレーニングを行っていきます。スポーツ復帰を目指している方はスポーツ競技種目に合わせてトレーニングを行っていきます。

より早期のスポーツ復帰を目指すためにも現在の身体の状態を自分自身で把握し、必要な身体のケアを理学療法士と一緒に考えてみませんか?ご希望の方は、当クリニック来院後、医師もしくは理学療法士へ相談ください。